切除法による刺青除去の効果とデメリットとは

若気の至りやファッション感覚で入れた刺青も、時が経って環境や人間関係が変わることで刺青除去したいという気持ちに傾く人も多いようですが、刺青除去には様々な方法があり、その中の切除法はどういった効果が得られるのかご存知でしょうか。


刺青除去における切除法は、数回に分けて刺青が入っている部分の皮膚を切除する分割切除という方法で、大きな刺青を除去する時に行われる方法です。


こういった方法で行った際に、「また皮膚が伸びてきたら切除しましょう」とクリニック側から言われることがありますが、実は皮膚というのは伸びるように感じますが実は伸びないものです。

ブログについての知識を高めてもらうためのサイトです。

妊娠時にお腹の皮膚が伸びているように感じるのは、亀裂が伸びているせいであり実は伸びていないからこそ妊娠線などが出てしまうのです。



そのため、初回の皮膚が一番伸びやすい状態で縫い合わせもしやすいのですが、切除手術を行うと傷跡ができることによって皮膚は硬くなってしまい、回数を重ねるごとにさらに硬くなって縫い合わせにくくなります。

刺青除去を知りたい方必見の情報を集めました。

無理に縫い寄せたせいで引きつれが強くなり、場合によってはしびれや強い痛みを生じることもあるため治療を断念せざるを得なくなることもあるのです。

ただ、切除法であっても非常に小さな数センチの刺青であればあまりリスクも少なく消すことはできますが、その際にも技術力の高い医師のいるクリニックを選ぶようにすることが大切であり、後遺症に悩まないためにもまずは刺青を入れるときには安易に考えずに、公開して除去することがあるかどうかまで想像してから、それでも入れたいのであれば、ご自身の判断に委ねましょう。